日本橋キリスト集会
                 
Nihonbashi Christ Assembly
トップページ 開催場所 定期集会 行事案内 イベントアルバム


       2012年12月24日 クリスマス会


    
今年のクリスマス会は、1部は経堂キリスト集会の三綿直人さんをお迎え
     して、本当のクリスマスの意味を語っていただ
きました。 2部は、今回日本橋
        周辺の方々にパンフレットを 配布した久米小百合さんによるコンサートが開かれました。

       
       1部の三綿さんのメッセージは“クリスマスは、喜びのニュース(知らせ)なのです”という
       お話です。
       「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来た
       のです。きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。
       この方こそ主キリストです。」(ルカの福音書 2章10節~11節)


                       
                                                                                                                    
                                 三綿直人さん 

          三綿さんは、なぜクリスマスが喜びのニュースなのかその理由を3つあげています。

       ① それは、いのちのニュースだからです。

        
           
日本では、人のいのちはアメーバーから進化して造られたとする進化論の考え方が
          主流です。しかし、聖書では神が人を創られたと書かれています。それゆえに、この人の
          いのちをお創りになった神様の御子イエス・キリストが来て下さった日がクリスマスなのです。

        ② それは、罪からの解放・救いのニュースだからです。

          「マリアは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民を
          その罪から救ってくださる方です。」(マタイの福音書1章21節)
          聖書のいう罪とは、犯罪の罪を指すのではなく、神様を無視し自己中心に生きることを
          意味し、貧欲、嫉妬など人の心に自然とわく悪い思いを指します。このどうしようもない
          罪からの解放・救いをもたらして下さったイエス・キリストが来られた日が、クリスマス
          なのです。このイエス・キリストは、人の罪を背負い十字架にかけられ死んで下さいました。
          そして、3日目によみがえられました。この方こそ人の罪の代価を支払うことができる
          唯一のお方なのです。

        ③ それは、神様の愛のニュースだからです。

          神様がお創りになった人間は、神様のもとを離れ、自分勝手に生きるようになりました。
          神様の目から見たならば、人は神様から“失われた者”となってしまいました。しかし
          神様は、どうしても人を自分のもとに戻したいと思われました。そこで、ご自分のひとり子
          なるイエス・キリストをこの世に遣わし“失われた人”を救いたいと思いました。この神様の
          愛が土台となっているのがクリスマスのニュースなのです。

        このように三綿さんは短い時間の中で、本当のクリスマスの意味を教えて下さいました。
        チャーミングな関西弁で、色々な例をあげてわかりやすく大胆に神様からのメッセージを
        語って下さいました。
          

        
          
2部の久米小百合さんのコンサートには、パンフレット配布や当日の誘いの呼びかけが
        奏したのか、まだイエス様を知らない方々も気軽に来て下さいました。



          
                                        久米小百合さん
        

        讃美歌をルーツとする日本の童謡・唱歌などを交え色々な歌を歌って下さいました。
        久米さんの歌に聞き入るクリスチャンと今日来られた求道者の方々の横顔を見ながら
        「天でも、共にこの様に顔を輝かせ神様を賛美できる者となられたらなぁ~」と思わずには
        いられませんでした。
        また、このクリスマス会をきっかけに日本橋周辺の方々がイエス様を求められるように
        祈らなければと思いました。