日本橋キリスト集会の紹介
       
Nihonbashi Christ Assembly



 日本橋キリスト集会は、1963年に東京都中央区日本橋箱崎町に集まりを持ちました。
最初は、以前ソフトバンクのビル近くの家庭集会から始まりその後、現在の場所に移りました。
東京シティーエアターミナル(箱崎)近くの日本道路公団ビルの隣にある日本陶業ビル(7階建て)の6階に集会所が与えられ、神様の支えにより集まりを持っています。

 小さな集まりですが、私たちは、聖書に従い福音を信じて、キリストを信じる者たちが集まって、神様の愛とキリストの十字架と復活を覚える礼拝を行うとともに、神様の愛とキリストによる救いを伝える福音集会、日曜学校、祈り会、聖書を学ぶ会などを行っています。

 聖書は、「神のひとり子」「いのちのことば」であるイエス・キリストとその十字架の死が私たちとどのような関係があるのかということについて次のように語っています。

      「愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。神はそのひとり子
      を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、
      神の愛が私たちに示されたのです。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、
      私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」

                     (新約聖書 ヨハネの手紙第一 4章8節〜10節)

      「私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、不敬虔な者のために死んで
      くださいました。正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人の
      ためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。しかし私たちがまだ罪人であった
      とき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対する
      ご自身の愛を明らかにしておられます。」

                
  (新約聖書 ローマ人への手紙 5章6節〜8節)

              
     ー以上、聖書の引用は、日本聖書刊行会刊「新改訳聖書」によるー